2009年07月22日

んーー誰の物ってねぇー

アポロから40年だけど

月は誰のものかって話
全く困りものですな
最初は話題性満点のジョーク程度でも済んだかも知れないのに
だんだん真剣になるやつがいる
ジョークにしとけよー
1969年7月20日、月面着陸を果たしたアポロ11号の宇宙飛行士たちは
月面にアメリカ合衆国国旗を立てた
領有権を主張したわけではなく
単にアメリカがアポロ11号で月面着陸を成し遂げたことを記念したものだったはずだよね

アポロ11号から40年が経ち
月の所有権を主張し、自らを“銀河系政府”初の暫定大統領と称する
ネバダ州ルナエンバシー社のCEOデニス・ホープ氏は
月をはじめとする数々の惑星の土地を販売してきた
んーーー
勝手にやってきただけなんじゃなくて?
何かオーソライズされたもんだったのかい?
これまでの顧客数は約370万人にのぼる
ホープ氏によると、顧客の増加に伴い
月の所有権保護を望む声が出てきたという
そこで同氏は2004年、憲法や議会を持つ“政府”を立ち上げ
貨幣を発行し、特許庁まで設立した
って
んーーー
いい加減にしておけば良かったのに
誰かがマジになり始めたのかな
それってヤバイよね








同じカテゴリー(遠ざかる音)の記事
 一週間330万円かぁすごいなぁー (2009-08-26 00:36)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。